公開日:2019/02/10 更新日:2019/02/22

【開運】桃の節句「ひな祭り」で開運!

 3月3日は「ひな祭り(桃の節句)」。年に一度の「女の子の日」に開運しましょう!

桃の節句のはじまりは?

 もともと「桃の節句」の3月上旬は、季節の変わり目なこともあり、「病にかかる」ことが多かったため、無病息災と豊作を祈って「生贄(いけにえ)」を神様に捧げてましたが、やがて生贄を身代わり雛(紙でできた人形)を自身にみたて、人形に厄をうつし、川に流して災いを祓っていたそうです。

 江戸時代頃に「女の子のお祝いの日」となったそうで、「桃の花」には「邪気を祓う力」があるとされていることから、「邪気を祓い幸せを願う」習慣がついたそうです。



「お雛様」はいつから飾るの?

 色々調べた結果、「節分からバレンタインデーくらいまでの雨の日」が良いみたいです。節分は立春にあたるので「春の訪れ」、雨の日は「良縁に恵まれる」とされているからです。(地域によっては「正月過ぎたら」などあるみたいです)

 遅く飾ると「行き遅れる」なんて言われますが、せっかくの美しい「お雛様」がわずか数日しか飾れないなんて悲しいので、2から3週間は飾れるようにしたいですね。

 大事なしまう時ですが、なるべく早めと言われているので、3月3日に片づけてもよいと思います。ただ、また一年間押し入れに閉まってしまうので、天気の良い日に乾燥させてからしまったほうが良いですね。



ひな祭りフードは開運祭!!

 ひな祭りにゆかりのある食べ物は、開運要素たっぷりです!

それぞれどんな要素があるのかチェックしてみましょう。

ひなあられ・菱餅

 緑・白・ピンクにそれぞれ意味があります。

緑:長寿 健康
白:清純
ピンク:桃の花(邪気を祓う「魔除け」)

甘酒

 昔は甘酒ではなく、「邪気祓う桃の花」を漬けたお酒を飲んでいたそうですが、江戸時代ごろから「甘酒」に変わったそうです。

 「女の子の日」として祝っていたので、女性でも飲みやすい甘酒が定着したようです。

 甘酒には美容効果もあるので、ひな祭りだけでなく飲みたいですね。

「甘酒キャンディ」の記事をブログにしています。ここをクリックするとジャンプします

ちらし寿司

 祝福の意味のちらし寿司。お祝いの席に食べるものなので、「ひな祭り特有の食べ物」といった訳ではないですが。色とりどりで見てるたけでハッピーになれる食べ物ですね。

はまぐりのお吸い物

 はまぐりのお吸い物の意味は「良縁」。
 はまぐりは「対の2枚の貝のみがぴったり重なる」ことから最良のパートナーを意味してます。これを聞くと未婚女性は是非飲みたいですね。

コメントを残す