公開日:2019/02/06 更新日:2020/09/12

【開運】一粒万倍日って、何するの?良い行動と悪い行動

 近年、宝くじ売り場などでよく見かける「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」って、どういう日か知ってますか?

一粒万倍日の意味は?

 一粒万倍日は見て字の如く、「一粒(種を)まくと、万倍に実る日」です。お百姓さんなどが好んで種を蒔く日なので、宝くじも買ったら万倍になるということで、吉日とされているようです。

何をする日?

 新しいことを始めるのに適している人ではありますが、一粒万倍日は何をしても良いか言うと、それは違います。借金など増えて困ることはしてはいけません。増やしたいことを実行しましょう!
また、人の悪口を言ったり、マイナスイメージにつながる行動も避けましょう!あなたのイメージが万倍ダウンしてしまうかもしれませんっ!!

効果をさらにアップさせる方法

 他の吉日と重なってる日を選びましょう。中でも良いのが、天赦日(てんしゃにち)です。天赦日は年に数回(6回程度)しかないので、暦で確認しておくとよいと思います。

 また、新月はどんどん月が満ちていく(大きくなっていく)ことから、何かを始めるのに適している日でもあります。新月でなくても、新月〜満月までの間の日であれば良いですが、満月以降は月が欠けていくので、次の新月まで待つのも良いでしょう。(一粒万倍日は年に何回もあります)

気をつけることは?

 もし、大事なことを一粒万倍日に始めようとしているならば、他の凶日と重なってないか確認しましょう。特に「不成就日」は何をやっても結果に結びつかない日です。重要な行動はもちろん、大事な決断もこの日は避けましょう。(他の吉日と重なってる日を選ぶと良いでしょう)

 開運の道しるべに、一粒万倍日や天赦日、不成就日などが調べられる暦はオススメです。(以前記事にしてるので、興味あればこちらをクリックしでください)