公開日:2019/06/10 更新日:2020/09/12

【魔除け】凶方位へ旅行に行く時の対処法

 どうしても凶方位に旅行や出張に行かなくてはいけない場合、安心して旅が楽しめるように、少しでも凶方位の作用を和らげる方法をご紹介します!

 出張や社員旅行など、自分で行き先を決められない所については、凶方位は作用しないとも言われています。

パワーストーンで邪気から守る

 手軽に買えるようになったパワーストーンは持っている方も多いと思います。

 数あるパワーストーンの中でも邪気払いや魔除け、浄化の効力があるのは、モリオン(黒水晶)とターコイズです。

 モリオンは黒水晶でその名の通り「黒い水晶」です。最強の浄化力を持つパワーストーンで、凶方位旅行には是非持っていきたいですが、希少価値が高くお値段が高いです。偽物も出回っているようなので、購入するときは注意してください。

 ターコイズはインディアンが古くから魔除けに身につけていた石で、比較的手に入りやすく、綺麗なブルーのため、デザイン性の高いアクセサリーとして販売されており、身につけやすいと思います。

 邪気を吸って、あなたを守ってくれたパワーストーンは、旅から帰ったら必ず浄化しましょう。

 浄化方法はコチラをクリックしてください。

 管理人は社員旅行で凶方位に行かなくてはいけなかった時、モリオンの原石(巾着に入れて)とターコイズのペンダント&ブレスレットで身を守りました。

 パワーストーンのブレスレットを凶方位に持っていく場合は、右手につけてください。運や邪気は右手から入り、左手から出ていくので、右手につけておけば、邪気が入ってきません。(吉方位に行ったときは、左手につければ、入ってきた「運」を体内に留めることができます)

ファッションで邪気をシャットアウトする

 邪気をシャットアウトするには黒い服が一番よいです。お葬式などにも喪服が使われますが、黒は悪い気から守ってくれる色です。

 邪気は首元から入りやすいので、首を隠しましょう。タートルネックやスカーフ、マフラーでも大丈夫です。なるべく首を出さないように心がけてましょう。

 また、首だけでなく、肌をあまり露出しないことも重要です。

吉方位の水を持参する

 自分の吉方位を調べて、その方角で取れた水を500mlほど持っていき、現地に着いた時に飲みましょう。凶方位の作用を和らげることができるそうです。(国際線では機内持ち込みできないので注意してください)

 管理人は凶方位の海外に行かなくてはいけない時、吉方位のミネラルウオーターのペットボトルを預入荷物(スーツケース)に入れ、空港で飲み干しました!

粗塩をお守りに

 管理人が大好きな浄化や魔除けの必須アイテム粗塩!旅にも持っていきましょう!

 塩は簡単に浄化できる便利なアイテムです。

 現地に着いたときや、ちょっと嫌なことがあった時は肩にパッパッとふりかけたり、ホテルの四隅に盛り塩をして結界を作り邪気から身を守ったり、万能アイテムです!また、レンタカーを借りる時は、車のタイヤに塩をパッパッと振りかけて浄化してください。(マイカーで出かける時も同様)

 塩もできれば吉方位で採れたものがよいです。(食卓塩などではなく、粗塩にしてください。こちらをクリックすると記事にジャンプします)

旅行先が吉方位になる友人を探す

 全員が凶方位になる方角もありますが、吉方位も凶方位も人によって異なります。旅の仲間が決まっていない方は、旅先が吉方位にあたる人を旅の仲間にしましょう。その方の吉方位作用があなたにも表われ、凶方位の作用を和らげてくれます。

旅先でやってはいけないこと

 残念ですが、温泉は諦めてください。吉方位に行ったら是非入ってもらいたいですが、凶方位では凶作用を強力に吸収してしまいます。温泉はその土地の地下から湧いてくるものなので、効果絶大です。

 海もできればやめておきましょう。どうしても入りたい方は、時間を短めにし、出てからすぐに水道水で洗い流しましょう。でも、入らないことが一番です。

帰宅後にすること

 帰宅後したら、すぐに洗濯しましょう。洋服等についた凶方位の作用を一刻も早く洗い流しましょう

 また、できれば吉方位に旅行に行ってください。凶方位への旅行の前後に吉方位への旅行ができれば良いのですが、難しい方は短い距離でもいいので吉方位へ行きましょう。

 以上です。全部できなくても大丈夫!一つでも実践して気持ちを楽にして、楽しい旅にしましょう!

コメントを残す