公開日:2018/10/27 更新日:2020/06/19

【社寺】酉の市で開運しよう!

 毎年11月の酉(とり)の日に主に関東地方で行われる酉の市(とりのいち)

 この酉の市は「お酉さま(おとりさま)」「お酉さん」などと呼ばれ、鷲神社、酉の寺、鷲や鳥にちなんだ神社仏閣で行われる、開運・商売繁盛を祈願する祭礼です。

 11月の一番最初の酉の日を一の酉、二番目を二の酉、三番目を三の酉といい、三の酉まである年は活気が多すぎて、火事が多いと言われているので、今年は特に火の始末には気をつけてくださいね。

 酉の市は朝から行っていますが、酉の刻(午後5時から7時)頃から活気づき、深夜まで開催されます。

 初詣の雰囲気とは全く違った、夜の活気のある神社はパワーが満ち溢れているので、是非行ってみてください!

酉の市で何をするの?

①お参りしよう!

 酉の市に行ったら、まず最初に「お参り」です。神様にご挨拶します。

 今年の1年のお礼と来年の幸運を願いましょう。

 酉の市開催日はいつもと違ってとても混雑するので、「参拝順路」が設けられていることが多いです。並ぶところを間違えないようにしましょう。

②熊手を選ぼう!

 熊のような大きな手と爪で、福を掃き込むと信じられている熊手。

 商売をされている方は、是非熊手を買ってみてください。熊手は「人」と「人気」を集めてくれる縁起物です。ただし、現在事業が順調だからと言って、あまり大きいものは買わないようにしましょう。なぜなら、熊手は毎年大きなものに買い替えていき、どんどん大きくするものです。(昨年と同等の大きさでも良いとの説もあります。ただ、事業が順調な時は、大きな熊手に買い替えましょう!)

③熊手を値切って買おう!

 今までの人生で値切ったことのない人は、この機会に値切りにチャレンジして開運しましょう!

 熊手は値切った分だけ幸運が舞い込むと言われているので、頑張って値切ってみましょう!

 縁起物なので、値切った分はご祝儀としてお店に置いていけば、開運効果倍増です!(ここでケチってはいけません!!)

 持ち帰る時は、高く掲げて帰りましょう!

 購入した熊手は、家やお店の奥から玄関に向けて、目線より高い所に下を見下ろすような感じでお飾りしましょう。(だだし、北に向けては飾らないようにしましょう。玄関が北の場合は少しずらすとよいです。)

 また、購入した熊手は翌年購入するときに、神社に奉納しましょう。熊手は毎年同じお店で購入し、お店の方と顔なじみになるといいですね。

④出店で美味しいものを食べよう!

 美味しいものを食べることは「開運」につながります。特に旬のものが出店であったら、開運効果倍増です!(酉の市は秋なので、「ぶどう飴」や「りんご飴」がいいですね★)

⑤一緒に行った人と離れ離れにならないようにしましょう!

 酉の市は、すごく混雑しているので、お子様の手は離さないでください!あっという間に迷子になってしまいます。また、大人でも露店に目を奪われていると、すぐに一緒に来た人を見失ってしまいます。(昨年、携帯でどこにいるのか確認の電話している方を多数見ました)


 昨年、管理人は十数年振りに、地元横浜のお酉さまに行ってきました。

 横浜のお酉さまは「金刀比羅大鷲神社」で行われます。

場所:金刀比羅大鷲神社(ことりらおおとりじんじゃ)

最寄駅:阪東橋駅より徒歩5分(横浜市営地下鉄ブルーライン)

2020の酉の日 (出店は11:00くらいから23:00くらいまで)
一の酉:11月2日 (月)
ニの酉:11月14日 (土)
三の酉:11月26日(木)

※新型コロナウィルスの影響で、今年は開催されるか不明です!

 今年(2020年)は二の酉が土曜日なので、混雑が予想されますが、混雑している酉の市は活気があって素晴らしいです★

 また、横浜のお酉さまは、横浜橋商店街がすぐそばにあるので、そこでも楽しむことができます。

 お時間ある方は、是非夜の活気溢れる神社で開運してください!!

追記:2019年一の酉に行ってきました!可愛い熊手を見つけたのでちょっとご紹介します!

横浜DeNAベイスターズのスターマン熊手です!あまり野球には興味がないですが、スターマンは可愛くて大好きな管理人です★

また、御朱印も書置きではありますが、頂くことができましたよ★

コメントを残す