公開日:2020/06/13 更新日:2020/06/14

【御朱印】本龍院・待乳山聖天~浅草

 浅草にある本龍院・待乳山聖天(まつちやましょうでん)に行ってきました。

 こちらは「大根」をお供えするという大変珍しいお寺になり、フジテレビ系列の「突然ですが占ってもいいですか?」という番組で、驚異の占いをされている「木下レオン」先生もお参りに行かれてました。(私は木下レオン先生の大ファンであります)

https://www.instagram.com/p/B3L18Cvnmv9/?utm_source=ig_web_copy_link

場所

 浅草駅から徒歩で10分から15分くらいのところにあります。

 浅草をお散歩しがてら行くのも気持ちよいと思います。

 また、近くには招き猫で有名な「今戸神社」もあります。

 私は車で行きましたが、10台くらいは停めることができる駐車場がありました。

 駐車場には可愛いロープウェイ(スロープカー)がついているので、足の不自由な方は、こちらから参拝することもできます。

 私はロープウェイで昇り、一度正門まで降りてから参拝しました😅

本龍院・待乳山聖天とは?

★聖天様鎮座のいわれ

当山は推古天皇の御世、地中から忽然湧き出た霊山で、その時、金龍が天より降って山を廻り守護したと伝えられています。
それより6年後の夏、この地方が大旱魃に見舞われたとき、十一面観世音菩薩が悲愍の眼を開き、大聖歓喜天(だいしょうかんぎてん)の姿となってこの山に降臨されて、 苦しむ民を救いました。これが聖天様が当山に鎮座された起源であるといわれています。

待乳山聖天HPより引用

★聖天様の信仰

当山の聖天さまの霊験あらたかなことは、昔より広く知られております。
十一面観音菩薩を本地仏とする聖天さま(大聖歓喜天)は、仏法を守護し、 仏道を行ずる人々を守護する天部の神様でありますが、私たち衆生の迷いを救い、 願いをかなえさせてくださる大きなお力を持っておられます。

待乳山聖天HPより引用

 境内は広く、「ここ浅草だよね?」と思うほど、緑豊かな山があります。まさに都会のオアシスのようなお寺です。

HPからお借りしました。

スロープカー

 スロープカーという短いロープウェイもあり、足腰が弱い方も楽にできます。

 のりばは駐車場の奥にあります。1機なので、上にいるときは「乗車ボタン」を押して待っているとやってきます。

のりば

 すごく短いですが、ちょっと楽しいです♪

 混雑していたら、体の不自由な方に譲ってくださいね★

 スロープカーの利用方法です↓

 スロープカーの終着地(途中にもうひと駅あります。社務所だったかな?)は山の頂上なので、素晴らしい景色が拝めますが、あいにく曇り空でした😢

大根の奉納

 このお寺の一番の特徴は「大根」をお供えすることです。

 大根を供えることにより、健康や良縁、夫婦円満などの御利益がいただけるようです。

 いたるところに「大根」と「巾着」が施されています。

★大根と巾着

境内各所に印されてあります巾着や大根は、御信心をされて祈願することによって得られるその御利益を端的に表したものです。
大根は身体を丈夫にしていただき、良縁を成就し、夫婦仲良く末永く一家の和合を御加護頂ける功徳を表しています。
巾着は財宝で商売繁盛を表し、聖天さまの信仰のご利益の大きいことを示されたものです。
境内のあちこちに大根と巾着のシンボルを見ることができます。

待乳山聖天HPより引用

 大根はあらかじめ用意していなくても、お寺で購入することができます。

 

 

大根の供え方

 大根は本堂にお供えします。

 

 本殿に入り、どうしたらいいのか分からず、キョロキョロしていると、お寺の方が声をかけてくださり、参拝方法を教えてくださいました。

①大根をお供えする
②お賽銭を入れる
③塗香(じょこう)で浄める※
④住所と名前を言う
⑤願い事

という順番だそうです。うる覚えなので、初めての方は恥ずかしがらずにお寺の方に聞くとよいとおもいます。

※お浄めの塗香は粉末状のお香です。とてもいい香りでした。気に入った方はお寺で販売していたので、購入することができます。(このお香、舐めて体内を清めることもできるそうです)

 ちなみに、奉納した大根は翌日に参拝客に振舞われます。1本を半分にカットしたもの2個(つまり1本分)がセットされ「お持ち帰りください」とありました。家に持ち帰り家族で有難くいただきました。

御朱印

 御朱印は本堂の中で頂くことができます。浅草七福神の毘沙門天様のご朱印も頂くことができるようでした。

 

最後に

 緑豊かで都内の浅草にいることを忘れてしまいそうな、素敵なお寺でした。お寺の方もとても親切で、心が洗われるようでした。

コメントを残す