公開日:2018/10/10 更新日:2020/07/21

【厄除・魔除】悪い霊から身を守ろう!3つの霊除け方法

霊から身を守る3つの方法

 「ちょっとあの場所、怖いなぁ」「悪い霊がいそうだなぁ」そう感じる場所にどうしても行かなくてはならない時、ありませんか?

 そのような時、アナタの身を守ってくれるカンタンな3つの方法を紹介します!

お米と塩のお守り

 このサイトでは何回かご紹介している「お塩(粗塩)」を使用します。粗塩は万能で、昔から「魔除け」や「霊除け」「お清め」などに使用されてきました。

 お塩(粗塩でできれば日本産)にあなたの年齢に1粒プラスしたお米の粒を加えたものを半紙や和紙で包んでお守り完成です。

 誰でもかんたんに作れるお守りなので、必ず持って行ってくださいね。

刃物のお守り

 刃物は「三種の神器」(鏡・勾玉・剣)の一つで、霊はその神器である刃物を嫌うと言われています。

 塩やお酒(清酒/日本酒)で清めた刃物(カミソリなど)を身に着けると、お守りにすることができます。刃物はできれば良質なものが良いです。

※刃物は「殺傷能力」があるものもあり、刃物によっては「所持する正当な理由」がないと、銃刀法違反になることがありますので注意してください。

鈴を鳴らす

 鈴は本来、神様のために鳴らすもの。神社にお参りに行った時も鳴らしますよね?鈴の音には浄化の作用もありますので、「なんか嫌だな」と思ったら、鈴の音を鳴らして、場を清めてみましょう。

 神社などに行った際に、可愛い鈴が売っているので、一つ購入しておくと良いですね。

 また、鈴がない時は手を叩いてみましょう。霊がいる時は音が乾いたような「パチン、パチン」と鳴りますが、いなくなると音が響くように「パチーン」「パチーン」となるそうです。「霊がいるな」と感じたら、音が変わるまで手を叩くと霊が逃げていくそうです。

 3つとも家にあったり、手に入りやすいものなので、「怖いな」と思ったら実践してみてください!

この記事は心霊スポットに行くための方法ではありません!

 管理人は過去、仕事(不動産業)で夜に誰も住んでいないマンションに一人で行かなくてはならず、怖がりなため、少しでも「気がまぎれれば」と思い、調べた情報です。(興味本位や肝試しで心霊スポットなどに行くことはオススメしていません!)

 結局、その時管理人は「カミソリ」と「塩」をお守りに持っていき、とても怖くてビクビクしていましたが、「刃物と塩が守ってくれる!」信じて、何事もなく無事に帰還できました。(こういう場所に行く時は、「これを持っていれば大丈夫!」という「心のよりどころ」があると気持ちがだいぶ楽になりますね)